違い

4月 9th, 2014

剪定を行って欲しいという場合、業者に依頼することでそれが可能になりますが、業者側が実際いってみたら剪定ではなく伐採のほうだったというケースは多くあります。
これは一般的に剪定の言葉が浸透しているわけではなく、多くの人が剪定=伐採と認識していることが言えます。
同一としての認識として捉えられていることが多いため、依頼の内容が異なることがあるのです。その際は業者側からわかりやすい言葉での説明をすることが大事となってきます。

◆相違
通常認識されているものとして伐採があります。この伐採は森林や雑木林などに対して利用されるものです。剪定と比べた場合、その規模や使用する道具などは変化してきます。
剪定を行う対象としてよく利用されているものが庭などのエクステリアに対してです。
庭の手入れなどはその敷地内の印象を大きく変える為、剪定の必要がでてくるものです。

この二つの「切る」といった行為は共通していますが、その規模も違えば利用する目的がそもそも異なるものです。
利用する人はこれらの違いを認識する必要がありますが、知らない場合でも業者の方で丁寧に対応してくれるものです。業者はプロですので、依頼の内容を聞けば何をして欲しいかすぐに理解することができます。

OUT LINK